ロゴ

様々な種類があるベッドのタイプ

フロアベッドやローベッド脚つきベッドなどがあります。それぞれメリットやデメリットがあります。ベッド機能としての利用だけでなく、収納付きベッドやロフトベッドなどより部屋のスペースを活用したいときに利用するベッドもあります。

ベッドを購入する時に重視するポイント

部屋

快適な睡眠をするためのポイント

快適な睡眠は身体にフィットするマットレスを選ぶようにしましょう。値段だけでなく、自分に合うマットレスを選ぶために、体重や寝方によって選んでいきます。一般的には、体重の軽い人はマットレスが柔らかめ、重い人は固めがおすすめです。寝方も横向き仰向けによっても選び方も異なります。

寝たときの固さにも注目

固さの影響はコイルと詰め物とベッドフレームのクッション性に大きく関わってきます。反発力は内部のコイルに影響されますし、マットレスの詰め物によって柔らかさに関わります。反発力や柔らかさは選ぶときのポイントとなりますが、クッション性も少なからず関わってきます。

数多く試しましょう

マットレスといえども、メーカーによって特徴が異なります。有名メーカーだから良いということはありませんが、有名メーカーほど取り扱っている販売店が多く、さまざまなタイプを試すことができます。自分に合ったものを見つけ出すためにもさまざまなメーカーを試すようにしましょう。

サイズやプラスの機能に注目

国内・海外製によってもサイズは異なります。特に身体が大きなかたの場合にはサイズには十分注意しましょう。快適な眠りをするためには寝心地だけでなくサイズは重要になってきます。ライフスタイルに合うベッドを選ぶこともポイントになります。スペースが小さめなので収納機能もプラスしたい、携帯電話をベッドの近くに置きたいという場合にはコンセント付きといったライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

ベッドの価格と相場

販売店やメーカーによってベッドの価格は大きく異なります。ネット通販やアウトレットショップなどでは相場は2~3万円、有名メーカーの場合には20万円前後と価格の差があります。近年セミダブルからクイーンサイズは価格が上がる傾向があります。

ホームセンターで購入できる人気の家具ベスト5

部屋
no.1

一人用座椅子

古臭いというイメージを払拭できる座椅子が数多く登場しています。ソファも家具として人気がありますが、一人用として座椅子は重宝され、カラーバリエーションも豊富なだけでなく、さまざまな角度にすることができるリクライニング機能も人気となっています。ソファではなかなか移動させることができませんが、座椅子であれば簡単に移動できる点も人気となっています。

no.2

カラーボックス

カラーボックスは本棚としてだけでなく、日用品の収納棚としても活躍することができます。価格も安く、簡単に組み立てることができ、重さもないため模様替え時も簡単に移動することが可能です。

no.3

衣裳ケース

引き出しタイプの衣装ケースは衣替えの時期に活躍するアイテムです。クローゼットだけでなく、押し入れでも利用することができるアイテムです。シングルにもファミリーにも活躍します。

no.4

パイプハンガー

賃貸物件で収納スペースに限りがある場合に注目されています。特に一人暮らしをしている場合には、収納スペースには限りがあり、洋服をかけるクローゼットのスペースが足りないときに活用することが可能です。一段、二段と選ぶことができます。

no.5

マルチラック

幅や大きさ、段数を選ぶことがラックはテレビボードの代わりとして活用したり、隙間スペース用に利用したりとさまざまな場所で利用されています。手軽な値段でシンプルなため男女問わず利用することができます。

自分に合うベッドを選んで快適な眠りを手に入れよう

インテリア

ホームセンター以外にも通販で購入可能

家具はホームセンターだけでなく、通販でも購入が可能です。通販で購入するメリットは自宅に運んでもらうことができる点です。送料は通販会社によっても異なりますが無料になることもあり、お得に購入することが可能ですが、実際に目で見ることができないためサイズや色などがイメージと違っていたということもあるため注意が必要です。最近では実際の店舗でチェックして通販サイトにて購入手続きするという方法もありおすすめです。

おしゃれで安い家具をここで購入しよう☆